ETCは正しく使いましょう!

●乗車時は

・カード挿入OK?

車載器へのETCカードの挿し忘れ、挿し込み不良により、開閉バーが開かないケースが増えています。

ETCカードの挿し込み方向(前後・裏表)にご注意いただくとともに正常動作の確認をお願いします。

車載器にETCカードを挿入してから作動するまで数秒かかることがありますので、料金所直前でのETCカード挿入は、エラーの原因となることがあります。また、運転中のETCカードの抜き差しは大変危険ですので絶対におやめください。

・カード有効期限OK?

有効期限切れのETCカードでは、開閉バーは開きません。

有効期限切れのETCカードを車載器に挿入した場合でも、車載器そのものはカードを正常に認証します(警告を発しません)。必ずカード券面の有効期限を確認してください。

●料金所走行時は

・十分な車間距離
・安全な速度(20km以下)

ETC車線に設置されている開閉バーは、通信エラーなどにより、開かないことがあります。

前車と十分な車間距離をとった上で、開閉バーの手前で安全に停止できるよう十分に減速し、開閉バーが開いたことを確認してご通行ください。

・開閉バーが開かなかった時は

バックすると後続車に追突される危険がありますので、絶対に車をバックさせないでください。

レーンに設置されているインターホンで係員に連絡し、係員の案内に従ってください。

車を降りて、有料道路上を歩く行為は、大変危険ですので、絶対にしないでください。

・その他に

ETCカードは、係員のいる車線でもご利用いただけます。無理な車線変更は危険ですのでおやめください。

2006.11.01 二輪車ETCのご利用方法について

●車載器は

・正しいアンテナ等の取り付け

車載器の取り付けは、アンテナ向きの調整など専門的な知識を必要としますので、専門店をお勧めします。

・再セットアップは登録店で

転居等でナンバープレートを変更した時、車載器を他の車両に移した時等には再セットアップが必要となります。再セットアップについては、最寄のセットアップ店へご相談ください。

その他ETCシステム利用規程やETCカードの利用約款などにご利用上の注意が記載されていますので、ご確認ください。

不正通行は法律により罰せられます。

料金所で、料金を支払わずに無断で通行する行為、またはETCレーンで意図的なカードの未挿入及び非ETC車で通行する行為などが不正通行となります。

不正通行者に対して、道路整備特別措置法(昭和31年3月14日法律第7号。以下「法」といます。)第26条に基づき免れた通行料金と割増金(免れた通行料金の2倍に相当する額)を徴収します。

また、法第24条第3項に基づき神戸市道路公社が定めた「車両の通行方法」に違反して道路を通行した自動車その他の車両の運転手は、法第58条に基づき30万円以下の罰金が科せられます。

道路整備特別措置法(抜粋)

第24条 料金は、高速自動車国道又は自動車専用道路にあっては当該道路を通行する道路法第2条第3項に規定する自動車(以下「自動車」という。)から、その他の道路にあっては当該道路を通行し、又は利用する車両から徴収する。ただし、道路交通法(昭和35年法律第105号)第39条第1項に規定する緊急自動車その他政令で定める車両については、この限りでない。

2 (略)

3 会社等又は有料道路管理者は、この法律の規定により料金を徴収することができる道路について、料金の徴収を確実に行うため、国土交通省令で定めるところにより、国土交通大臣の認可を受けて、料金の徴収施設及びその付近における車両の一時停止その他の車両の通行方法を定めることができる。この場合において、第1項本文の規定により料金を徴収される自動車その他の車両は、当該通行方法に従って、道路を通行しなければならない。

4 (略)

第26条 会社等は、料金を不法に免れた者から、その免れた額のほか、その免れた額の2倍に相当する額を割増金として徴収することができる。

第58条 第24条第3項後段の規定に違反して道路を通行した自動車その他の車両の運転者は、30万円以下の罰金に処する。

※ 神戸市道路公社が定めた

2007.2.19 「車両の通行方法」の公告について

 

▲ページトップへ

プライバシーポリシーこのサイトについてサイトマップお問い合わせ