公社設立の趣旨

 増大する自動車交通需要に対処するために、民間の資金を積極的に導入し、活用することにより、地方幹線道路の整備を推進していくことを目的として、昭和45年に国において地方道路公社法が成立されました。
  神戸市においても、同法に基づき、市街地と西・北神地域とを結ぶ幹線道路の整備を促進するために、昭和46年4月神戸市道路公社が設立されました。神戸市道路公社は、神戸市が100%出資している地方道路公社法にもとづく特別法人として、有料道路及び有料駐車場の建設・管理を総合的、効率的に行うことにより、交通の円滑化と住民福祉の増進に寄与することを目的としています。

 

プライバシーポリシーこのサイトについてサイトマップお問い合わせ