障がい者割引制度利用における手続きについてのご案内

障がい者割引は、障がい者の方の自立と社会活動への参加を支援するため、通行料金を50%割引く制度です。(ただし、通常料金を半額にした際に、端数が生じる場合は、お支払い額を10円単位で切り上げさせて頂きます。)
以下、当制度ご利用までの流れについて、ご案内いたします。

1.対象になる方

「身体障がい者の方が自ら運転する場合」または「重度の身体障がい者の方もしくは重度の知的障がい者の方が同乗し、障がい者ご本人以外の方が運転する場合」に割引の対象となります。


(1)障がい者ご本人が運転される場合

対象となる方
身体障害者手帳の交付を受けているすべての方


(2)障がい者ご本人以外の方が運転し、障がい者ご本人が同乗される場合

対象となる方
身体障害者手帳又は療育手帳の交付を受けている方のうち、重度の障がい(※1)をお持ちの方。(重度の障がいをお持ちの方がご自分で運転される場合でも対象になります。)
15才未満の重度の身体障がい者の方について、その保護者の方が代わって身体障害者手帳の交付を受けている場合は、身体障がい者ご本人が乗車されていない場合、割引の対象にはなりません。
(※1)重度の障がいの範囲は、手帳に記載されている「旅客鉄道株式会社旅客運賃減額」の第1種と同じ範囲です。

2.ご利用までの流れ

(1)手帳提示のみでご利用の場合

市町村福祉事務所等へ申請
      ↓
手帳(※2)に「割引対象である旨」「自動車番号」「割引有効期間」の記載を受ける
      ↓
割引制度の利用開始
      ↓
料金所で手帳を提示し、料金支払い


(2)ETCノンストップ利用の場合

ETCカード(原則本人名義)申込、車載器取付
      ↓
市町村福祉事務所等へ申請
      ↓
手帳(※2)に「割引対象である旨」「自動車番号」「割引有効期間」の記載を受ける
      ↓
ETC利用対象者証明書の交付を受ける
      ↓
事業者(有料道路ETC割引登録係)へ登録申込(所定の封筒で郵送)
      ↓
登録済結果通知
      ↓
割引制度の利用開始
      ↓
ETCレーンをノンストップで通行
(※2)「手帳」とは、身体障害者手帳又は療育手帳のことをいう

3.事前の手続きについて

(1)手帳提示のみでご利用の場合

身体障害者手帳又は療育手帳(以下「手帳」という。)を管理している市町村福祉事務所等で所定の手続きを行ってください。(ETCノンストップ走行をご利用される方も同様の手続きが必要です。)
市町村福祉事務所等での審査の結果、割引の対象であると認められた場合は、手帳に割引対象自動車のナンバー、割引有効期限等を記載いたします。
料金所では、料金所係員が手帳への必要事項の記載の有無・記載内容の確認をさせていただきます。記載事項が要件を満たしていない場合や記載事項を確認させていただけなかった場合は、割引をすることができませんので、予めご了承ください。


(2)ETCノンストップ利用の場合

ETCノンストップ走行をご利用で割引を希望される方は、上記の手続きに併せて障がい者割引適用のためのETC利用申請が必要となります。(ETCカード、車載器をお持ちでない方は別途事前にご用意いただく必要があります。)
ETCノンストップ走行での割引が認められた場合は、市町村福祉事務所等から証明書が発行されますので、その際に渡される所定の封筒に切手を貼付のうえ、有料道路事業者が設置する窓口に郵送してください。後日、申請された方に直接郵送でETCノンストップ走行時の割引の適用が開始される日を書面にて通知いたします。
通知する日より前にETCノンストップ走行をされますと、割引が適用されず、通常料金をいただくこととなりますので、ご注意ください。
登録されたETCカードと、登録された車載器の組み合わせ以外でのご利用では割引が受けられませんので、ご注意ください。


(3)市町村福祉事務所へご持参いただくもの

 <手帳提示のみでのご利用の場合>

  • 手帳
  • 登録を希望される自動車の自動車検査証(車検証)
  • 運転免許証(障がい者ご本人が運転される場合のみ)
  • お持ちの割引証 (平成16年5月をもって料金所での割引証の取扱いを廃止しております。)

 <ETCノンストップ利用の場合>

  • 手帳
  • 登録を希望される自動車の自動車検査証(車検証)
  • 運転免許証(障がい者ご本人が運転される場合のみ)
  • ETCカード(※原則として障がい者本人名義のものに限ります。)
  • 登録を希望される自動車に取り付けられた車載器の「ETC車載器セットアップ申込書・証明書」
  • お持ちの割引証(平成16年5月をもって料金所での割引証の取扱いを廃止しております。)

 ※この他に要件確認のため、別途書類が必要な場合があります。

  • 委任状…代理人申請の場合
  • 住民票等…本人、配偶者、直系血族及びその配偶者、兄弟姉妹及びその配偶者並びに同居の親族等か否か判断する場合
  • 割賦契約書又はリース契約書…割賦購入又は長期リースにより自動車を利用されている場合

(4)変更・更新手続き

変更・更新の申請も、当初申請と同様、福祉事務所にて行います。福祉事務所などでの申請に必要な書類などは当初申請時と同じです。

変更申請…割引有効期限内に下記の事項を変更する場合には、変更申請が必要となります。

  • 自動車のナンバー登録番号等、自動車の所有者及び使用者
  • (ETCをご利用の場合)ETCカードの名義及び番号、車載器管理番号、ご本人の名前、住所

※変更申請後、登録済結果通知の「ETC割引開始日」までは、ETC無線通行(ノンストップ)通行でのご利用ができませんので、手帳の呈示により通行していただくようお願いいたします。


更新申請…割引有効期限を過ぎた後も継続して割引を受けるためには、更新申請が必要です。
更新申請は、割引有効期限の2ヵ月前から行うことができます。(同時に登録事項の変更を行うことができます。)

※なお、ETCをご利用のお客様は、再登録に2週間程度お時間をいただくこととなりますので、余裕をもって更新のお手続きをお願いします。


(5)その他

  • 対象障がい者の方お一人につき、一台のみ登録できます。
  • 車種要件等により、登録できない自動車がございます。
     (法人所有車両、レンタカー、タクシー、軽トラック及び代車等)

▲ページトップへ

 

プライバシーポリシーこのサイトについてサイトマップお問い合わせ