トンネルを安全に走行するために

【トンネルに入る前に】【トンネル走行中】【事故が発生したとき】【通報】【初期消火】【避難】 【鳥瞰図】

トンネルに入る前に

トンネル入口情報板

トンネル内の情報を確認する

事故発生、故障車あり、落下物ありなどの情報が、トンネル入口情報板に標示されます。進入禁止の標示がだされているときは、後続車に注意をうながしながら停車し、トンネル内への進入はやめましょう。

ラジオを聞く

トンネル内では事故や、火災の発生などの緊急時に備えて、AMラジオを通して情報を提供しています。トンネル走行中は必ず聞きましょう。

燃料を確認する

・燃料の量・ファンベルトの張り具合
・冷却水の量・タイヤの空気圧
・エンジンオイルの量・タイヤの溝の深さなど
・ラジエーターキャップの締まり具合
(自動車運転前のチェックポイント)

ヘッドライトを点灯する

トンネル走行中の自車位置を他車に確認しやすくするため、光量の小さい車幅灯よりも、視認効果の高いヘッドライトを点灯しましょう。

積荷に注意する

落下物は落とした側の責任です。走行中に荷崩れを起こして落下させたりしないように十分注意しましょう。

フロントガラス曇りに注意する

雨の日や寒い日はトンネル進入時にフロントガラスが曇る場合があります。曇った場合は、ワイパーでふき取り、側面窓ガラスを開けるなどすれば、曇りは徐々になくなります。

 

▲ページトップへ

トンネル走行中

火災発生

トンネル内情報板

トンネルでの注意

トンネル走行中の情報は、トンネル内情報板でお知らせします。

トンネル内での事故原因で大半を占めるのは、スピートの出しすぎや、無理な追い越しによるものです。
トンネルでは、傾斜が判断しづらく、知らないうちにスピードが出ていたり、落ちていたりすることがあります。また、感覚のズレから前の車が走行中か、停車中か判断できない場合があります。
スピードメーターでスピードを確認し、車間距離を十分に保つようにしましょう。

常時監視

中央監視室の監視作業

トンネル内監視(ITV)
50m〜200mの間隔で設置し、トンネル内の状況を中央監視室で常時監視しています。

自動通報機(火災探知器)
24m間隔で設置し、火災の発生を中央監視室に通報します。

水噴霧
近投、遠投用組合せノズルが、約5m間隔で10個取り付けた装置を50m間隔で設置しています。

 

▲ページトップへ

事故が発生したとき

万一、事故などが発生したときは、まず非常電話で中央監視室に通報します。次に火災が発生したときは、消火器または、消火栓で初期消火を行います。火災が広がり、危険を感じたときは、すみやかに安全な避難連絡坑や非常口に避難しましょう。

お客様が使える消火・通報設備

●消火栓ボックス(火災報知器、消火器、消火栓)…50mごと
●非常電話…200mごと
●非常駐車帯
●非常口
●連絡坑、避難坑

▲ページトップへ

通報

非常電話の使い方

トンネル内では約200mごとに非常電話を設置しています。受話器を取ると中央監視室と通話ができます。

火災報知器

50m間隔で設置している押しボタン方式の装置です。前面の透明板を、スイッチがロックするまで押すと火災、事故などの発生を中央監視室に連絡できます。

 

▲ページトップへ

初期消火

消火器の使い方

トンネル内で火災が発生した場合の初期消火および火勢を抑えるのに有効です。50m間隔で設置している消火栓ボックス内に2本1組として常設しています。
油類の消火にも使えます。

▼消火器の使用手順 消火器の使用手順

消火栓の使い方

30mのホース付きで、手元で水を棒状・噴射状に使い分ける操作ができます。消火器と同様に、50m間隔で設置している消火栓ボックス内に器具が納められています。
燃えている油類には使用しないでください。

消火栓の使い方

1.消火栓の扉を開ける。


2.消火ノズルを止め具からはずしホースを引き出す。
※ホースの長さは約30m


3.ノズルをしっかり抱え持ち、赤いレバーを手前に倒す。


4.水が出たらノズルの先端を回し、水を棒状・噴射状に使い分けて使用する。

 

▲ページトップへ

避難

避難方法

大規模火災など、身に危険を感じたときは、速やかに非常口(連絡坑、避難坑)から避難しましょう。避難の際、煙を吸い込まないよう注意し、スピーカーから流される情報・指示(公社、消防、警察などがいるときはその指示)に従い、落ち着いた行動を心掛けましょう。

ドライバーが車を離れるとき

●車を左側に寄せて、サイドブレーキをかける

●エンジンを止める

●キーは付けたままにする

●ドアロックはしない


反対側のトンネルに避難する場合は、車が走行中ですので前の人を押したり、飛び出したりしないように注意してください。

 

連絡坑・避難坑

布引トンネル鳥瞰図

六甲山トンネル:トンネル内西側(岡山側)に非常口(1箇所)。

▲ページトップへ

 

プライバシーポリシーこのサイトについてサイトマップお問い合わせ